2017年09月24日

極厚!手縫い財布が完成〜!

ご子息の靴を作成中のYさんでしたが・・・・、

Yさん極厚革財布@.jpg

先日のインドネシアご出張の際、現地のご友人に、

“これと同じ財布作ってよ〜”

と頼まれたとのこと・・・。

ということで、靴作りは一時中断し、財布を作ることに・・・。

Yさん極厚財布E.jpg

以前もご紹介しましたが、Yさんのノート・・・。

Yさん極厚財布F.jpg

凄いです・・・。見た目と違って字が可愛い〜・・・。

・・・スミマセン・・・。

Yさん極厚財布H.jpg

その、再現すべく友人の財布の写真を撮り、且つ、革の厚みまで測ってきてますよ・・・。

かなりゴッツイ感じのお財布のようですな・・・。

Yさん極厚財布G.jpg

でもって、その情報をもとにYさん自身で作成した型紙がこちら・・。

Yさん極厚革財布A.jpg

使用する革は、ミネルバボックスのブラック・・・、元厚が1.8oなり・・・・。

と、裁断後、いきなり糊付けし・組み立てようとしていたので、

“いくら極厚財布でも、これは厚過ぎっ!”

と・・・。

最も重なりが多いところの厚みを測っててみたところ、案の定トータル8.0oオーバー・・・。

これじゃあ、折り曲げることもできませんし、ポケットに収まりませんよ〜。

ということで、こちらである程度“革漉き”を施し・・・、

Yさん極厚革財布B.jpg

なんとか、いい感じで・・・。

Yさん極厚革財布D.jpg

それでも、5.6o・・・・。厚っ〜!
ただ、オリジナルがどうやらこれ位のようなので、こちらで進めましょう。

Yさん極厚革財布C.jpg

最後、グルリを手縫いして・・・、

368_1.jpg

完成〜!

368_2.jpg

しっかり、お名前も入れて・・・、

368_3.jpg

喜んでくれるといいですね・・・。

因みに、これはおいくら万円??
posted by tomo at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年09月20日

Aさん追っかけ記録A〜おまけ付きのショルダーが完成〜の巻

前々回ブログ、Aさんのショルダーバッグの続きです。

357_1.jpg

心材を貼った表胴と底・横マチの縫製のところまででした・・・・。

Aさん母ショルダーバッグG.jpg

今回は、写真のような“天マチ”といわれる、かばんの上面部にファスナーと一緒に付けられるマチを付ける、というのが特徴の鞄です。

Aさん母ショルダーバッグH.jpg

入れ口については、同革を薄く漉いたテープを巻き付けて縫い上げるパターン・・・。

その時に登場するのが、これまでも何度か登場してきた、“逆抑え”です。

Aさん母ショルダーバッグI.jpg

通常、工房に置いてある【TE-5】や【TE-6】のような右アームのミシンは、針孔の左側に“抑え”がくるのですが、写真のように針孔の右側に“抑え”が来ています。

これで、ストレスなく綺麗に縫えるというわけです。


Aさん母ショルダーバッグJ.jpg

なんとか無事に縫い上げることが出来ました。
このあと、内側のはみ出た薄革を“市切り”という道具で切り落として、綺麗に仕上げていきます。

357_2.jpg

ということで、かんせい〜!

357_4.jpg

型紙づくりから全てご自身おひとりで進めてきました。

357_7.jpg


357_6.jpg


357_8.jpg

こちらは、合間に進めていた、同素材で作った“杖入れ”用の巾着・・・。
嬉しいおまけですね。


357_9.jpg

お母さま、喜んでくれそうですね。

2017年09月10日

簡単小銭入れのサンプルを作ってみた。

大きなカバン作りや靴作りの場合、どうしても数か月はかかってしまいます。

そんな中、生徒さんより

“家族や友人にプレゼントとしてあげるもので、1日〜2日間位でサクッと作れるものが欲しいっ!”

といった声が時々ありますので、“小銭入れ”のサンプルを一つ作ってみました。

小銭入れ(自作)F.jpg

革のパーツはこの3つ・・・。

小銭入れ(自作)@.jpg

1o前後の革、今回はタンニン革“アリゾナ”のターコイスを使用してます。

小銭入れ(自作)A.jpg

こちらは床面・・。

一番右のマチ部分のみ、0.4oの全漉きにしてますが、後は全体を斜め漉きで・・・。

小銭入れ(自作)B.jpg

マチには薄手のボンテックスを入れてます。

小銭入れ(自作)C.jpg

こちらは隠しホック(ハンシャ)のメスの方を打っておきます。

小銭入れ(自作)D.jpg

裏地(布)と心材(ボンテックス0.4o)を貼った胴裏にマチを貼り合わせ・・・、

小銭入れ(自作)E.jpg

最後に表胴の革を貼って、ヘリ返し、ミシンで縫って・・、

30_1.jpg

完成〜!

30_3.jpg

裁断から完成まで、昨日一日(3〜4時間)で終わったので、これなら1〜2日で仕上がりそうです。

posted by tomo at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2017年09月05日

Aさん追っかけ記録@〜お母さまへのバッグを作成〜の巻

今作で16作目になるベテランAさん・・・。

357_1.jpg

次はお母さまへのショルダーバッグを作成するみたいですね・・。

Aさん母ショルダーバッグ⓵.jpg

こちらが作成予定のバッグの写真で・・・、

Aさん母ショルダーバッグA.jpg

こちらが、ご自身で作成された型紙を基に革を裁断したところ・・・。

もう私への質問なしに、サクッとご自宅で仕上げてきてしまいました。

Aさん母ショルダーバッグB.jpg

内装部も、段取り良く仕上げていきます。

Aさん母ショルダーバッグC.jpg

こちらは、前胴部分の外付けファスナーポケット・・・。
入れ口部を2つ折りにすることで、完成時にはファスナーが隠れるような構造になってます。

なかなか工夫されてますな〜。

Aさん母ショルダーバッグD.jpg

こちらはショルダー(肩紐)部のミシン掛け・・・。

表面はバッグ本体と同じ革を使い、裏地はPPテープを充て縫い合わせているようです。

もちろん両面革でもいいのですが、裏面が革だと(素材にもよりますが・・)肩に掛けたときに“滑り落ちやすい”といったこと、よくあると思います。

女性の方や、男性でもいわゆる“なで肩”の方なんかは経験があるのではないでしょうか・・。

今回のようにPPテープやアクリルテープを使うと、そういった心配は少なくなります。

Aさん母ショルダーバッグE.jpg

ご自身で購入されてきた革は、ご覧のようなシボあり“ピンクベージュ”で厚みは1.8o程でしょうか・・・。

マチや底面等、一部スライサーを芯として貼り合わせ“張り”を持たせております。

Aさん母ショルダーバッグF.jpg

底マチには飾りとしてクロスのステッチを掛け、次回完成を目指します。

2017年08月19日

Tさん追っかけ記録A(長財布・束入れ編)〜小技満載の長財布が完成っ!の巻

前回のブログ、Tさんの長財布の続きです。

今回は“磨き”ではなく、“ヘリ返し”で進めるということで以前ご紹介しました。

ヘリ返しにも2通りあって、返された裏面が裏地に覆われて完全に隠れてしまうパターンと、裏地を巻き込むことでヘリ返された裏面が見えてしまうパターンとがあります。

一般的なカバンや靴ではほとんどが前者のパターンなのですが、お財布等の小物ではあまり厚みを出せないので、後者で進めたものも多く見受けられます。

後者の場合は見た目も重要になってくるため、少し技術的に難しいのですが、この技法を一般的に“菊寄せ”といいます。

で、今回は難しい方の後者、“菊寄せ”に挑戦することになっております。

Tさん長財布I.jpg

いきなり本番、というには少し難しい技なので、まずは練習です。

Tさん長財布J.jpg

財布に見立てた革と心材をいくつか用意し、本番さながら猛練習・・・・。

菊寄せには、本来“刻み捻”という専用の道具があるのですが、切れなくなった包丁でも代用可能です。

Tさん長財布K.jpg

おっ!四隅 × 2枚 つまり8回ほどの練習ですが、いい感じに仕上がってきましたね〜。

今回は、この“菊寄せ”といい、風琴マチの一種・“渡りマチ”といい、小技満載の長財布になりそうです。

Tさん長財布L.jpg

ということで、早速本番へ・・・。

Tさん長財布M.jpg

最後にグルリを縫い上げて・・・、

Tさん長財布N.jpg

完成〜!

356_7.jpg

356_5.jpg

こちら、初チャレンジの“渡りマチ”・・・。

356_4.jpg

菊寄せも、初めての割には上手に出来たのではないでしょうか。

356_8.jpg

お父さん、喜んでくれるといいですねっ!

2017年08月08日

Tさん追っかけ記録@(長財布・束入れ編)〜革小物は“漉き”が命っ!の巻

先月、お父様への誕生日プレゼントとして“箱マチ”の小銭入れを完成させたTさん・・・。

356_1.jpg

“小銭入れだけだとチョット寂しいので、長財布も合わせて作りたい・・・。”

ということで、早速“束入れ”に挑戦です。

Tさん長財布⓵.jpg

因みに、こちらがその型紙・・・。
小銭入れが型紙3つだけだったのに対し、今回はなんと18個っ!!

誕生日に間に合わないよ〜!

とお伝えしましたが、

“大丈夫です、取り敢えず誕生日には小銭入れだけ渡しておいて、後で追っかけで渡しますっ!”

と・・・・、更には、

“その方が、2回喜んでくれるし、喜んでくれる期間も長くなりますから〜。”

なるほど・・・、孝行娘やな〜。


まずは、カード入れ部分を・・・。

Tさん長財布A.jpg

カードポケットとには、丁寧に“玉捻”を引き・・・、

Tさん長財布B.jpg

裏地を(今回はシャンタンを使用)ミシンで縫い進めていきます。

Tさん長財布C.jpg

因みに、革は小銭入れと同じ高級皮革“栃木レザー”を使っております。

Tさん長財布D.jpg

こちらは“胴表”部分・・・。
タンニンなので磨きでもいいのですが、今回は敢えて手間のかかる“ヘリ返し”仕様で・・・。

こういった革小物は、いわゆる“漉き”がとっても重要になってきます。

“カード段”や“マチ”部分等、たくさんの革や裏地が重なり合い、それを“ヘリ返し”によって包むように糊止め・縫い上げていくので、如何に薄く、且つ強度を壊さずに漉いていくか・・・。

0.2oにすべきか、0.4o位がいいのか・・・、場所や革の質によって見極めていく必要があります。

まさに“革漉き”が命っ!!、というわけです。

Tさん長財布E.jpg

こちらは胴表の裏(床)面・・・。
周りの、ヘリ返しの為の“斜め漉き”だけでなく、上下2段に渡って約20o幅で“段漉き”(折れ漉きともいいます)も施しております。

この辺はチョット難易度が高いので、こちらで漉きを施しております。

Tさん長財布F.jpg

更には“前段”を作り・・・、

そして、今回初挑戦となる、例の“風琴マチ”・・・。
正確には“風琴マチ”の一種といわれる“渡りマチ”といわれる部分へ・・。

小物づくりにおいて“マチ”には、様々なタイプがあります。
前回Tさんが作った小銭入れの“箱マチ”もそうですが、その他“笹マチ”や“通しマチ”、“アコーディオンマチ(扇マチ)”等、色んなのがあります。

一般的なお財布での札入れ部分は、主には“マチ無し”が殆どで、あったとしても“通しマチ”や“扇マチ”が多いのですが、これらの特徴は折りたたまれるマチが“谷”状になる(つまり仕切りが山状になる)のに対し、今回の“渡りマチ”は折れ曲がる部分が“山”状になる(つまり仕切りが谷状になる)ため、紙幣の出し入れがし易い、といった特徴があるわけです。

まあ、その分難しいのですが・・・。

Tさん長財布G.jpg

さあ、Tさん、上手く仕上がるかな・・・?

完成が楽しみです。

2017年08月03日

Tさん追っかけ記録A(ショルダーバッグ編)〜ひとつの鞄で色々な技にチャレンジっ!の巻

前回ご登場のIさん・・・。
当初“ハンドバッグ編”となっておりましたが、ショルダーの間違いでした・・。スミマセン・・・。

TさんハンドバッグG.jpg

ということで、いきなりですがショルダーのベルト部分のショットです。

今回は、同じ革を表裏貼り合わせる形ですが、表側は“ヘリ返し”をし、裏は“市切り”で切り落とすパターンで進めるようです。

いずれも、漉き機でいわゆる“ゼロ漉き”を施す必要がありますが、これだけ長いとちょっとドキドキですが・・・・・、
なんとか上手く漉けたようですね・・・。

TさんハンドバッグH.jpg

150o位でしょうか・・・・、この長さだと一枚では取り切れない場合もありますので、途中でツギハギしております。
売り物のバッグ等でも時折こういうケースはありますので、問題はないと思われます。

また、長さ調節をする為、今回は“コキカン”を取り付けるみたいですね。

TさんハンドバッグL.jpg

外縫いのマチには“ダーツ”を入れて、立体感を演出です。
そしていよいよ、マチと胴を縫い上げて・・・、

TさんハンドバッグI.jpg

更には、カブセ(蓋)部分の表と裏を縫い合わせ・・・、

TさんハンドバッグJ.jpg

良い感じに仕上がってきました・・・。
丸鋲や、“飾りミシン”等・・・、今回は遊び心が満載です。

TさんハンドバッグK.jpg

今回のバッグは、いわゆる“落とし”もしくは“落とし込み”といわれるパターンの作りとなっております。
つまり、表(外側)と裏(内側)をそれぞれ別々に作り、最後に開口部を縫い合わせて仕上げる方法です。


TさんハンドバッグM.jpg

その開口部を最後に縫い上げ・・・、

355_2.jpg

完成〜!

355_4.jpg


355_6.jpg

背胴側には、ファスナーポケットが・・・、

355_7.jpg

また内側にもファスナーポケットを付け、より使い勝手を考えております。

355_1.jpg

今回は、ひとつの鞄で色々な技にチャレンジできたみたいで、かなりスキルアップできたようですね。

Iさん、この流れで次作はお母さまにバッグを作られるそうです。

2017年07月25日

Iさん追っかけ記録⓵(ショルダーバッグ編)〜飾りを付ける余裕も出てきましたっ!の巻

かばん作りを始めて1年ほどのTさん・・・。

Tさんハンドバッグ@.jpg

前作で旦那さまへのトートバッグを仕上げて、次はご自身のショルダーバッグ作りに挑戦です。
ご自身で購入されてきた、黒のシボありの革を使っていきます。
1.0o強で柔らかめの革なので、ソフトな印象のショルダーバッグにはちょうどいい感じのチョイスですね・・。

まずは、“カブセ”(蓋)につける“テング”といわれる持ち手部分から・・・。
最終的にはマグネットで留めるパターンにするみたいですね・・。

TさんハンドバッグA.jpg

こちらは、“丸カン”を縫い付けて・・・、因みに左の茶色のバッグが今回の参考にしているご自身ご愛用のバッグ・・。

TさんハンドバッグB.jpg

で、これら2つを組み合わせて・・・、

TさんハンドバッグC.jpg

お〜、なんかいい感じっ!
前作のトートバッグは、本体構造を組み立てるのに精いっぱいでしたが、細やかな飾り部分にもコダワル余裕が出てきましたねっ!

因みに、本体部分の型紙はこんな感じです。


TさんハンドバッグD.jpg

全てIさんご自身で型紙引きましたよ。
もう完璧ですねっ!

TさんハンドバッグE.jpg

こちらは、いわゆる“背胴”の部分・・・。ファスナー付きポケットを付けて使い良さもしっかり追及です。

TさんハンドバッグF.jpg

本体、内装部も含めおおよそのパーツが出そろいました。

次回いよいよ本体組み立て〜完成を目指します。

2017年07月11日

栃木レザーで“箱マチ”小銭入れ

先日、ご自身のシェル型ポーチと旦那様へのキーホルダーを完成させたTさん・・・。

352_1.jpg

次は、小銭入れを作成中・・・。

Tさん小銭入れA.jpg

まずは、型紙の精度や革漉きの厚みの確認をするため、床革を使い試作を作ってみました。

型紙や革の厚みを微調整し、いよいよ本番へ・・。

今回はお父様へのプレゼントということもあり、高級レザー“栃木レザー”でチャレンジです。

一部ポストミシンを使いましたが、どうしてもポストだとタンニン等デリケートな革の場合、“抑え”の跡が付いてしまうことが・・・。

“余り気にしない・・”という人もいるのですが、(売り物でも薄っすら残っていたりしますので・・・)

“凄く気なる”というTさん・・・、

Tさん小銭入れ@.jpg

抑えが通る道筋に“マスキングテープ”を貼って縫ってます。
ただ、この場合もマスキングテープを一緒に縫わないよう、慎重に・・・。

Tさん小銭入れB.jpg

こちら、“箱マチ”といわれる部分が仕上がりました。
この部分は、本体を閉じたとき折りたたまれる部分になりますので、厚みは0.6〜0.7oに“全漉き”を施しております。

Tさん、“漉き”の技術も大分向上しましたね・・。

Tさん小銭入れC.jpg

本体(胴)に慎重に貼り付けて・・・、

Tさん小銭入れD.jpg

こちらは、トータルの厚みが2o強になりますので、アームミシンにて縫い進めることに・・・。

Tさん小銭入れE.jpg

最後に“ハンシャ”と呼ばれる隠しホックを打ち付けて・・・、

352_2.jpg

完成〜!

352_4.jpg

なかなかいい感じで仕上がりました。

352_6.jpg

Tさん、実は小銭入れだけではなく、同じくプレゼント用の“長財布”も作成予定・・。

今度は“風琴マチ”という、職人さんでも嫌がる(らしい)超F難度の技を取り入れるかどうかお悩み中・・。

是非チャレンジしてみて下さい。

posted by tomo at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年07月07日

Mさん追っかけ記録A(ショルダーバッグ編)〜やはり手縫いは性に合ってるのかも・・の巻

先月ご登場いただいたMさんショルダーバッグ編の第二弾・・。
※因みに追っかけ記録@はこちら⇒http://sakaiworks-bag.sblo.jp/archives/20170607-1.html

今回は一切ミシンを使わず、総手縫いにて仕上げることにしたMさん・・・。

Mさん手縫いショルダーB.jpg

前回は前胴の外付けポケットの“カブセ”を縫い付けたところまででした・・。

Mさん手縫いショルダーL.jpg

今回のショルダーは、この外付けポッケに本体のカブセの錠前が付きますので、位置をしっかり確認して取り付けます。

Mさん手縫いショルダーM.jpg

今回の錠前は“割ピン”式で、写真のように座金に固定していきます。

で、このままでは金具が丸見え状態になってしまうので・・・、

Mさん手縫いショルダーN.jpg

この様に薄く漉いた革を糊で留めておきます。
見た目の問題はもちろんですが、このままですと座金や割ピンの足が反対側の革にダイレクトに当たり、革に傷がついてしまうのでそれを防ぐ目的も兼ねています。

Mさん手縫いショルダーO.jpg

その後、本体カブセの方にも金具を取り付け・・・、

Mさん手縫いショルダーP.jpg

ようやく本体部分が完成しました。

そして、最後に肩紐、尾錠、ナスカンなどを作成し・・・、

347_2.jpg

完成〜!

347_4.jpg


347_8.jpg

まだ、ヌメ革の本来の色のままですが、これからいい感じに育ててください。

Mさん手縫いショルダーQ.jpg

ということで、次の教室から早速ご活用・・・。

Mさん、鞄作りは2年近く続けてきたので、次作はまた靴作りへと戻るそう・・・。

ずっと、チクチク・・チクチク・・と手縫いを続けてきたので、そろそろ飽きてきたのかと思いきや、
今度は“マイ木型”を購入し、ハンドソーンウエルト製法に挑戦・・・。

また“手縫い地獄”?が待ってますよっ。