2017年12月12日

一枚の革で色々作ってみるA(へり返しのバリエーション)〜ブックカバー&札入れ編

前作、ショルダーバッグに続いて今度はブックカバー札入れを作ってみます。

前回のショルダーはヘリ返しの裏側が他の素材で覆われて見えなくなるのに対し、今作は裏側も見えてしまう作りの為、より丁寧に仕上げる必要がある、というのが大きな違いでしょうか・・・。

“丁寧に”というのは、革の“漉き”作業から始まってます。

ブックカバーサンプル@.jpg

一度機械で全体を漉いていますが、特に角の部分は包丁を使い、更に薄く漉いていきます。

ブックカバーサンプルA.jpg

カーブ角の部分は直線部分とは異なり、後で“菊寄せ”といって革を寄せていきますので、厚みが残っていると作業効率も悪く、また見た目も綺麗に仕上がりません。
ということで写真で若干色が薄くなっているところは厚み0.2o位でしょうか・・・。

ブックカバーサンプルB.jpg

こちらは、ブックカバーの“見返し”部分です。

ブックカバーサンプルC.jpg

本体部分にも裏地を貼り、その上に見返しを貼り付けます。
因みに今回本体部分のヘリ返しシロは、8mm程採っております。

最終的には5.0mや5.5mmにするのですが、裁断時のズレや、貼り合わせるときにでる歪みを考慮し・・、

ブックカバーサンプルD.jpg

写真のように、@とAでは同じ幅で採ったつもりでも、このように差が生じてきます。

ブックカバーサンプルE.jpg

その差を最終的に調整するのが、こちらの“へり裁ち棒”・・・。

ブックカバーサンプルF.jpg

こんな感じで内貼り・見返しとの段差にピタッと合わせて・・、

ブックカバーサンプルG.jpg

綺麗に切り揃えます。

ブックカバーサンプルH.jpg

これで幅が均一になりました。
今回は5.0mmで切り揃えましたが、4.7o・5.5o・6.0o等々・・、0.3〜0.5mm単位で売っていますので、とても便利な道具です。(全部揃えるとなるとちょっとお高いですが・・・。)

ブックカバーサンプルI.jpg

直線部分のヘリ返しについては、前作と同じ手順で進めていきます。

ブックカバーサンプルJ.jpg

こちらが四隅の“菊寄せ”です。

ブックカバーサンプルK.jpg

写真のように、ヘリ返された革の角が直角になるように、また外側は綺麗なアールになるように“刻み捻”という道具で仕上げていきます。

ブックカバーサンプルL.jpg

今回裏地で使ったグレーの裏地部分は、“ミンクスェード”といわれる新素材・・。
お手頃な値段の割には名前の通りの手触り感で、最近のお気に入りです。

34_thumb.jpg

でもって、ここからは“札入れ”です。

札入れサンプル@.jpg

ブックカバーよりも複雑ですが、“革漉き”や“ヘリ返し”、といった作業は同様の行程で進めていきますので、ここでは省きます。

札入れサンプルA.jpg

こちらは、一部“スライサー”(0.4mm)を貼り、裏地にはライトベージュの“シャンタン”を使ってみました。

32_2.jpg

32_4.jpg

次回、最後は小銭入れやカード段が付いた“2つ折り札入れ”を作ってみたいと思います。
posted by tomo at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2017年12月08日

一枚の革で色々作ってみる@(ヘリ返しのバリエーション)〜ショルダーバッグ編

先日セールで購入してきた、柄物の革・・・。

ショルダーサンプルその弐C.jpg

大きさは200ds位で¥6,000弱でしたから、単価@¥30/ds位でしょうか・・・。
厚みは約1.0o程で比較的柔らかめの革ですね。

今回はこの革で、ショルダーバッグ、札入れ、2つ折り札入れ等、色々と作っていきたいと思います。
と同時に、このような比較的廉価な革の場合、コバ(切り口)の処理として“ヘリ返し”が主になるのですが、そのバリエーションも説明していきます。


まずはしっかり仕分けができる、4つの入れ口があるショルダーバッグからスタートです。

最初は外付けのポケット部分から・・・。

ショルダーサンプル@.jpg

入れ口はファスナーが付きますが柔らかい革なので入れ口がへたらないようスライサーを心材として入れております。(水色部分がスライサー0.6oです。)

前述の通り、切り口の処理は全て“ヘリ返し”で統一することにします。

こちらは、バッグ本体の入れ口のヘリ返しです。

ショルダーサンプルA.jpg

こちらにも同じく芯材の“テキソンテープ”(0.6o)を入れております。
上記同様入れ口がへたらないように、という意味合いもありますが、“ヘリ返し”をしやすくする、という目的も兼ねております。

よく生徒さんで、
“真っすぐのヘリ返しが上手くできない”
“直線のつもりが、うねうねと波打ってしまい、綺麗に仕上がらない”

という声がありますが、下記のようにすると初めての方でも比較的綺麗に仕上がると思います。

まずテキソンテープを貼り付け、糊を付ける前に、

ショルダーサンプルB.jpg

ヘリ返し部分が直角になるように“癖付け”をしておきます。
下にコルクや板等、真っすぐで段差があるところで行うとよいでしょう。

ショルダーサンプルC.jpg

この様にある程度癖が付いたら糊を添付し・・・、

ショルダーサンプルG.jpg

こんな感じで“親指”の腹で折り込んでいきます。

ショルダーサンプルH.jpg

親指を前後に回転させるような感じで、手前から奥へと少しずつ・・・、

ショルダーサンプルI.jpg

革の“浮き”を少しずつ小さくしていく、といった要領で・・・。

ショルダーサンプルJ.jpg

最後に前後に均して・・・、

ショルダーサンプルD.jpg

こんな感じですね・・。

ショルダーサンプルE.jpg

因みにこのようなアール部分も裏に心材やテープを貼り、こちらは指ではなく“目打ち”等を使って行います。

特にバッグ裏地となる布類はよりへたり易いので有効です。

ショルダーサンプルF.jpg

こちらは厚み0.6oの“チケン紙”を0.3o厚に漉いて、心材として使っています。

ヘリ返しの下処理が終わったら、後は組み立てです。

ショルダーサンプルK.jpg

バッグ外側の外付けポケットはマグネットでの開閉仕様で・・。(内側は最初の写真でファスナーでの開閉仕様になってます。)

ショルダーサンプルL.jpg

ショルダーサンプルM.jpg

ポケット部分の内縫いを施します。

ショルダーサンプルN.jpg


ショルダーサンプルO.jpg

多少のマチを採る為、底面は20o程縫っております。

少し分かりにくい構造のカバンですので、縫い上げる前に説明しておくと、こんな感じです。

ショルダーサンプルPV.jpg

これで、“入れ口4つ”というのが分かりますでしょうか・・。
バッグ本体部分は“2つ折り”にして、クラッチバッグ感覚で持てるような作りです。
ただ今回はDカンを付けてショルダーバッグとしても使えるよう、2way仕様にしております。

ショルダーサンプルQ.jpg

ファスナーをミシンで縫い、

ショルダーサンプルRU.jpg

本体裏地の側面だけ縫い止めます。
※写真左側の底面(点線部)は最後にここから全体をひっくり返すためここではまだ縫いません。

ショルダーサンプルS.jpg

バッグ本体とポケット部の一部を最後にグルリを内縫いで縫い上げます。※写真のクリップが付いているコの字型の部分。

ショルダーサンプルその弐@.jpg

こちらが95%完成の状態・・・。

今回はすべてが内縫いの仕様になっている為、先ほどの本体内袋の底面から、最後にグルンッとひっくり返して完成となります。
※本体内袋の底面のみ、ひっくり返した後“外縫い”を施し100%仕上がりとなります。


ショルダーサンプルその弐A.jpg

バッグ本体部分はクラッチバッグのように2つ折りになりますので、全体としてはコンパクトですが、財布等小物等であれば、収納がしやすい構造のバッグに仕上がりました。

ショルダーサンプルその弐B.jpg

35_5.jpg

35_2.jpg

次回は“札入れ”を仕上げていきます。
posted by tomo at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2017年12月01日

革製トレイを作る

大きなバッグをいくつか作り、ここのところ小物系を量産しているAさん・・・。

AEさんレザートレイ@.jpg

今度は革製のトレイを作成中です。

こちらが、最初に作成したものなのですが・・・、

AEさんレザートレイA.jpg

なんだか変な皺が寄ってしまった模様・・・。

自前の革と裏地の間に“ベルポーレン”という心材を入れているようなのですが・・・。
底面と側面側である程度可動域を持たせる必要がある為、その心材に切り込みを入れているのですが、どうも上手くいかないご様子・・・。

で、次の教室までの一週間、色々とお家で考えてきた結果・・・、

AEさんレザートレイB.jpg

お〜、お見事です。

芯材への貼り方や、切り込みの入れ方等を少し変えてやってみたとのことですが、ご自分で解決してしまうところが流石です。

AEさんレザートレイC.jpg

“くるみボタン”ならぬ“くるみホック”も同じ革で作成し、

376_1.jpg

見事完成〜!

376_2.jpg

こちらも量産するのかな?

376_3.jpg
posted by tomo at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年11月23日

リュックサック作りA〜完成したものの・・使うかどうかは検討中の巻

調子に乗ってミツバチとお花を入れてしまい少し後悔した前回・・・。
http://sakaiworks-bag.sblo.jp/archives/20171107-1.html

なんとか気を取り直してリュックサックの完成を目指します。

マイリュックサックI.jpg

こちらは、ショルダーベルトの長さを調節する為の尾錠部分・・。金具はシンプルにシルバーで・・。

次に、今回は内縫いなのですが“玉縁ち仕様”にする為のパーツ取りです。

マイリュックサックJ.jpg

バッグ作りでいつも困るのが、このような細長いパーツをどう取るか・・、です。

上の写真を見ていただくとお分かりだと思いますが、25o幅で長さ100o近く取っています。
すると銀ペンで描かれたテープ状の左側部分の革が、全て無駄になってしまうんです。

ここでは“玉縁ち”用のパーツ取りなので、いわゆる革の“伸び方向”は無視しておりますが、これが“持ち手”や“ショルダーベルト”のパーツ取りになると、革の伸びも考慮に入れなくてはならず、結構な無駄革が発生してしまいます。

なので、最初に載せた“尾錠”周りの細かなパーツ等は、こうして出てきた無駄革部分を上手に使って作っていくわけですね。

マイリュックサックK.jpg

ということで、玉縁ちパーツが完成・・・。中には2oのポリ芯が入っております。

こちらは“ショルダーベルト”の革部分・・・。

マイリュックサックN.jpg

今回は全て革にはせず、半分をナイロンテープ仕様にしていますので、革パーツは600o位ですかね・・・。

上述のとおり、あまり長くとると材料費が上がるので・・・、経費削減です。


こちらは“背胴”部分です。

マイリュックサックL.jpg

今回、初めてメッシュ素材を使ってみました。(背胴の上半分がメッシュ)
市販のリュックなどでもよく使われている素材ですね。

革以外の素材ということで、やや“高級感”は薄れますし、また“耐久性”も多少落ちる、という見方もありますが、軽量化という意味では素材としてはアリだと思います。

生徒さんでも“使ってみたい”という方も出てくると思い、実際工房のミシンでキレイに縫い上げることが出来るのか?ということを確認する意味でも今回取り入れてみました。



ということで、前胴+底マチ+背胴を縫い合わせた状態。

マイリュックサックM.jpg

今回は、いわゆる“通し胴”という構造で、マチとはこの後一気に縫い上げるパターンです。

マイリュックサックO.jpg

この様に、胴+玉縁ち+マチを全て糊で仮留めし、尚且つクリップで剥がれないようして一気にグルリを縫い上げて・・・、


31_1.jpg

完成〜!

31_4.jpg

メッシュの部分も差ほど違和感なく縫えたので、今後素材としては“アリ”ですね・・。

31_7.jpg

ミツバチと・・・、

31_3.jpg

お花・・・。

31_6.jpg

後は、この柄ですね・・・。
電車の中で隣の人に気づかれたら恥ずかしいだろうな・・・と思い、使うかどうか悩んでいる今日この頃・・。
posted by tomo at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2017年11月16日

靴と同じ革でメンズショルダーバッグを仕立てる。

これまで靴を3足作ってきたAさん・・・。

ATさんショルダーバッグ@.jpg

先月完成したハンドソーンウエルトの靴と同じ革を使って、今度はショルダーバッグを作ることに・・・。

ATさんショルダーバッグA.jpg

こちらが、サンプル・・・。
これまで長年使い続けてきた市販のショルダーバッグが大分くたびれてきたので、初めてということもあり同じデザインで進めることになりました。

型紙もサンプルを基にご自身で作成していただきます。

今回は全て“内縫い”仕様なので、縫い代の取り方や胴とマチの長さの合わせ方等を最初に説明し、かばんの構造を理解していただきます。

ATさんショルダーバッグB.jpg

裏地はカーキ色の帆布を使うみたいですね・・・。

ATさんショルダーバッグC.jpg

流石Aさん・・・理解力が早く、あっという間に本体完成〜!

ATさんショルダーバッグD.jpg

内縫いのバイアスも同素材で縫い付けており、丁寧に仕上げております。

ATさんショルダーバッグE.jpg

最後にベルトを仕上げ、本体に取り付け・・・、

375_1.jpg


完成〜!

375_2.jpg

前回の靴の完成から僅か1ヶ月でのスピード完成と相成りました。

375_5.jpg


375_6.jpg

Aさん、次はまた靴に戻る模様・・・、次はブーツ作りです。
posted by tomo at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年11月07日

リュックサック作り@〜生徒さんに影響されて、色々盛り込んでみた・・の巻

前回ブログにご登場の、Kさんのリュックが仕上がってくるにつれ、

“そういえば、まだリュックサックのサンプルって作ってなかったな〜。”

と・・・、で早速作ってみることに・・・。

Kさんのリュック同様、“どっさり入る”のがいいかな〜と・・・。

マイリュックサック@.jpg

これは外付けのファスナーポケット部分・・。

少し前、とある生徒さんに“革の編み込みをいつかやってみたい・・”と言われたことを思い出し、挑戦中・・。

マイリュックサックA.jpg

単純な交互の編み込みでは面白みが無いので、ちょっと変則パターンで・・・、

マイリュックサックB.jpg

ちょっとしたグラデーションを作ってみました。

最初は前胴、つまり本体部分でもやろうと思っていたのですが、思いのほか目がチカチカして“うるさい”感じになりそうなので、今回はポケット部分のみで・・・。

マイリュックサックC.jpg

で、本体前胴に縫い付け・・。

マイリュックP.jpg

因みに取っ手部分は“五つ編み”仕様で・・・。
ここは、“三つ編み”だとチト寂しい感じだったので、ほんの少し主張してみました。


次は、本体“ファスナーマチ”。
マイリュックサックD.jpg

内縫い仕様なので、縫い代を“粗し”てます。
これをしっかりやっておかないと、後々ミシン掛けの際パーツが剥がれてしまうので、地味ですがとても重要な作業です。

マイリュックサックE.jpg

これは、マチの一部・・・。
靴教室で、今ウエスタンブーツを作っている生徒さんがいるのですが、そのステッチをみていてつい自分も“やってみたく”なってしまい・・・、

マイリュックサックF.jpg

イェ〜ィ・・・、楽し〜!

この、“付かず・離れず”の緊張感が何とも言えません・・・。

今回は“オールブラック”の革使いなので(オッサン【自分】が使うものなので、それでいいんですが・・。)、
途中、少し寂しくなってきたので・・・、



マイリュックサックG.jpg

こんなん入れてみましたっ!

マイリュックサックH.jpg

そしたら、反対側に“お花”を入れてみたくなり・・・・。

少し後悔・・・。
posted by tomo at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2017年11月03日

オサレな“大人リュック”が完成〜!

今朝の“とくダネ!”情報ですが、日経トレンディの今年のヒット商品に、“anello”のリュックがランクインしたと・・・。
なにやら子育てママさんを中心とした女性からの評価が高かったとのこと。

そんな中、当工房でもリュック作りを進めているのがKさん・・。

KさんリュックH.jpg

これまで、トートバッグ、ボストンバッグ等を順調に作成してきましたが・・・、

KさんリュックN.jpg

こんな感じの、お洒落な“大人リュック”の完成を目指します。

KさんリュックP.jpg

なるほど・・・、確かにオサレですなぁ・・・。

前胴&背胴&マチといった一般的な形状ではなく、前胴とマチが一体化したようなちょっとした変則スタイルですね・・・。
なんだかイマイチ完成形のシルエットが見えてこなかったので、取り敢えず縮小版で試作を作ってみることに・・・。

KさんリュックB.jpg

なるほど、なるほど・・・、

KさんリュックA.jpg

何となくわかりました・・・。

ということで、早速本番の型紙を作成・・・、

Kさんリュック@.jpg

でかっ!!
これなら“anello”に負けない位、いっぱい入りますね〜!

KさんリュックC.jpg

これは何をしているかというと・・・、

KさんリュックD.jpg

革の縫い代部分を“粗し”ています。
こういった内縫い構造のバッグは、革の表(銀)面同士を糊で貼り合わせてミシンに掛ける為、とうしても糊がはがれやすくなります。
ミシン縫いの最中に剥がれるととても厄介なので、革の表面に傷をつけることで剥離を防ぐ大事な下処理のひとつですね。

KさんリュックE.jpg

こちら、背胴側がほぼ出来ました。

KさんリュックF.jpg

続いて、本体ファスナーをミシンで縫い合わせてます。

KさんリュックG.jpg

こちらは、側面に付けるファスナーのようですね。


KさんリュックI.jpg

リュックを背負ったままで、脇のファスナーからも出し入れができるような構造にするようですね。

KさんリュックJ.jpg

ファスナー口がへたらないよう、裏面にも革の額縁を付けます。

KさんリュックK.jpg

ショルダーのテープを縫い・・・、

KさんリュックM.jpg

サルカワ&コカンも貼り合わせ・・・、

KさんリュックL.jpg

最後にグルリを内縫いして・・・、

370_1.jpg

完成〜!

370_3.jpg

こちらは背中側・・・。

370_4.jpg

側面からみるとこんな感じ・・・、そうそう昔の給食でよく出てきた“三角牛乳”のような形・・・。

て、古っ!!

多分40台以上じゃないと分からないだろ〜な〜・・。

370_6.jpg

とってもオサレに仕上がりましたよっ!
posted by tomo at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年10月27日

同じものを4つ作り、且つ改良する。

前ブログで、同じモノを2つ作って確実にスキルアップしている、ということでご登場いただいたAさん・・。

Aさん小銭入れ@.jpg

先月こちらで作った“サンプル小銭入れ”の型紙を使い、今度は4つ作成しております。

ご家族や周りの方々に配られるそうですが、この向上心には脱帽です。

早速一つ目の作成に取り掛かったのですが、厚みを0.2o位に漉く“革漉き”でミスってしまい、端っこが切れてしまいました・・・。

新しく革を裁断しなおすのかと思いきや・・・、

Aさん小銭入れA.jpg

お〜、見事切れ端の革を継ぎ接ぎし、リカバリーに成功〜!

Aさん小銭入れB.jpg

刻み捻を使って、初めてチャレンジする“菊寄せ”・・・。

Aさん小銭入れC.jpg

左の方は、先日お母さまに作っていたバッグと同じ革のようなので、お母さまにあげるのかな・・・?

Aさん小銭入れD.jpg

因みにこちらの型紙は、当初のこちらの型紙からご自身で改良を加えた型紙のよう・・。

Aさん小銭入れE.jpg

当初の型紙だと、マチの長さの関係でここまでしか口は開きませんが・・・、


Aさんの改良版でつくると・・・、

Aさん小銭入れF.jpg

ガバッっ!!!とな・・。

お〜、研究心も高いっ!

371_1.jpg

型紙にご自身で改良を加え、且つ色々な革で作ることで着実にプロに近づいてますね・・。

371_2.jpg
posted by tomo at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年10月18日

同じモノを2つ以上作る

“同じモノを2つ以上作る”

これは“モノづくり”において上達する為に最も重要な要素のひとつですが、こういった教室等ではなかなか実践するのが難しいのが実情です。

やはり色んなことにチャレンジしたくなりますからね・・・。

AさんPPケースU@.jpg

そんな中、頻繁に“同じモノを2つ”作って確実にスキルアップしているAさん・・・。

昨年、お嬢様の為に作ったパスポートケースに、この夏再度挑戦です。

こういった“ラウンド式ファスナースタイル”はPPケースのみならず、お財布やバッグ等でもよく見かけるスタイルですので、場数をこなせば着実にレベルアップを目指せます。


AさんPPケースUA.jpg

同じものといっても、型紙等も前回とは異なっている為、ゼロからの作成です。
カード段もお手の物・・・。

AさんPPケースUB.jpg

こちらは、パスポートや航空券を収納するところでしょうか・・・。


AさんPPケースUC.jpg

財布でよく見る“笹マチ”スタイル・・・・。

AさんPPケースUD.jpg

小銭の収納もできるよう、内部にもファスナーを付けてますね。
前回同様、見た目だけではなく、やはり機能性は重要です。

AさんPPケースUE.jpg

こちらは、本体のファスナーを取り付けているところ・・・。ここは、前回から進化してます。

なにが進化しているかというと・・・、

AさんPPケースUF.jpg

木型を使っております。
ネットで購入した木型に、ファスナーがスムーズに通るよう、わざわざ溝を削って作成したようです。

AさんPPケースUG.jpg

最後に胴本体を縫い付けて・・、

364_1.jpg

完成〜!

364_2.jpg

因みに今回の革もご自身で購入されてきたもので、本体部分・内装部分等それぞれの厚みもご自身で判断されて“漉き”を施しております。

364_6.jpg

因みにこちらは昨年お嬢様に作ったPPケース・・。

297_4.jpg


297_5.jpg

Aさん、着実にスキルアップしてますね。
posted by tomo at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2017年10月09日

読書の秋?スポーツの秋?

靴とカバンを行ったり来たりのKさん・・・、久々ご登場です。

Kさん自転車用バッグD.jpg

工房の棚からいろんな革を引っ張り出してきてお悩み中のご様子・・・。

Kさん自転車用バッグE.jpg

これだけではモノ足りなかったようで・・・、

Kさん自転車用バッグF.jpg

過去10年程工房で使ってきた革で、ごみ箱に捨ててしまうにはちょっとモッタイナイかな・・・、という中途半端な切れ端をストックしてあるんですが、その袋もひっくり返して、更に物色中・・・。


お勤め先が図書館ということで、どうも“読書の秋だよっ!キャンペーン”っ的な出し物として、色々と展示するものを革で作ろうとしているようです。

Kさん自転車用バッグH.jpg

こちらは文庫本のブックカバーかな?

Kさん自転車用バッグG.jpg

ハハッ!かわいい〜・・。


“読書の秋”編の革をサクッと裁断後、さっさとかばんへ仕舞ってしまい(どうもお家で仕上げるようです・・・。)、次は一転、“スポーツの秋”モードへ・・・。

Kさん、基本的に工房へは自転車で来られるのですが、その距離10q以上・・・。
かなり筋金入りのサイクリストっす!!

Kさん自転車用バッグ@.jpg

ということで、次はご自身で用意された革を使ってサイクルバッグを作るようです。

ちょい薄めのベジタブルタンニンレザー・・・。

Kさん自転車用バッグB.jpg

ミシンは使わず、総手縫いにするのに“平目打ち”か“菱目打ち”、どちらにしようかお悩み中・・・。

Kさん自転車用バッグA.jpg

今回は“平目打ち”でいくようですね・・・。

Kさん自転車用バッグC.jpg

蓋(カブセ)を型紙でとり、金具の位置を確認中・・・。

Kさん自転車用バッグI.jpg

因みにこちらはご自宅で手縫いで仕上げたトートバッグのようです。
Kさん、ほんっと手縫い好きだな〜!

Kさん自転車用バッグJ.jpg

今回、蓋を留める金具は“ギボシ”を使うようですね・・。
確かに、簡単に開け閉めできることを考えるといい選択です。

次に自転車のハンドル部分に装着できるように、革のテープを裁断し、何で固定するかを色々と悩んだ末、ここは金具(Dカンやコカン等)は避け、“ベルクロ”(マジックテープですね)仕様にして、やはり簡単に着脱できる方法を選択っ!

しかし、ここで思わぬ落とし穴がっ!!

そう、ベルクロは手縫いではなくミシンなんですっ!
まあ手縫いでもできなくはないですが・・・。

Kさん自転車用バッグK.jpg

ということで、あれだけ避けてきたミシンを渋々使うことに・・・。

約一年ぶりだそうな・・・。

365_3.jpg

ということで、完成〜!

365_1.jpg

早速、愛車に装着っ!
(スミマセン、夜クラス終わりなので、真っ暗な中の撮影です。)

これからのサイクリングにも最高の季節に間に合いました。

365_2.jpg

ということで、Kさんにとっては読書とスポーツ、プラス“ミシンの秋”ということで・・・。
posted by tomo at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房