2017年04月24日

鞄づくりの基本A〜腕ミシン『TE-5&TE-6』【上糸編】

第2回目の“鞄づくりの基本”は革用ミシンを取り上げたいと思います。
※第1回目“革の裁断編”はブログ右側カテゴリーの『鞄づくりの基本』からご参照ください。

当教室へ通い始められる方の8〜9割の方が、
“ミシンは小学校の家庭科以来、触っていないんですけど・・・”

といった感じです。

日ごろ家庭でミシンを扱っている、という主婦層の方々は比較的早く慣れますが、そうでない方が最初に苦戦を強いられるところがこのミシンの扱いのようです。

ということで、ここから数回に分けてミシンのセッティングの仕方(上糸・下糸の正しい通し方)、実際縫う時の注意点等を写真を使ってご説明していきたいと思います。
長くなりますので、今回は【上糸編】ということで進めていきます。

当教室で、かばん用のミシン(腕ミシン)としておいてあるのが、

腕ミシン上糸編@.jpg

こちらの『TE−6B』(窓に向かって一番左端の腕ミシン)

腕ミシン上糸編A.jpg

そして、TE−6のひとつ前の(古い)バージョンとである、

腕ミシン上糸編B.jpg

こちら『TE−5』の2台です。(窓に向かって右端の腕ミシン)

腕ミシン上糸編C.jpg

『かばん用』と書きましたが、別に鞄専用ということではありません。
縫物(主に革)の厚みが、2.5oを超える場合は、主にこちらの“腕ミシン”で縫っていただいてます。
ですので、靴でも『ワークブーツ』等通常よりも厚みのある革や帆布の場合はこちらの方が送りが強く扱いやすいので、こちらで縫うことをお勧めしている、ということです。
※2.5o以下の革・布等の場合は(主に靴やバッグの内装等)、PW−6とLPW−6という、いわゆる“ポストミシン”も2台ありますので、こちらを使っていただいてます。詳しくは“靴づくり、ときどきブログ”で掲載。

あと上の2台の違いですが、TE−6Bの方は“足踏み式”となっており(つまりモーター式ではなく足で“キーコキーコ”と踏みながら進める昔ながらのミシンです。)、TE−5の方はモーター式(クラッチモーター)となっております。

後者(TE−5)の“クラッチモーター”についてはスピードの調節がやや難しいということもあり、家庭用のミシン等の扱いに慣れている方は、こちらの方が使いやすい、という方もいますが、前者(TE−6B)の方が比較的ゆっくりと“運針”できるので、ミシンに慣れていない方はこちらからの方が馴染みやすいと思います。
あとは写真にもあります通り、返し縫いがレバーひとつで簡単なのもTE−6Bの方ですので、初心者の方は殆どがこちらからスタートしている状況です。

尚、上糸のセッティングについては、2台ともほぼ同じですので、TE−6Bの写真で説明していきます。

まず、“糸置き”に糸を置きます。

腕ミシン上糸編D.jpg

このミシンで扱う糸の太さは主に#20と#8がメインとなります。ごく稀に#5も使います。

腕ミシン上糸編E.jpg

糸が自然に出てくるように、まずはこの写真のように糸置き真上の針金に糸を引っ掛けます。
※1回だけですとたまに外れたりするので針金に2周させた方が安定します。@

更にミシン本体の上に立っている“アンテナ”部分にこのように通します。(基本右から左、上から下へです。)A

腕ミシン上糸編F.jpg

そしてミシン左側に向かって糸を引き、写真のように糸を通します。
尚6Bの方には予備の上糸調節つまみBが付いています。※太い糸(#5)を使うときは本来の上糸調節だけでは弱いので、ダブルで糸に張力(テンション)を掛けられるようついています。今回はここは通っていません。

腕ミシン上糸編G.jpg

こちらはミシン本体の左側面から見た写真です。
やはり、赤い矢印のように糸を通していきますが、ここが重要なポイントです。
家庭用等、どのミシンもそうですが、糸には必ずある程度の“テンション(張力)”を掛ける必要があります。
そのテンションを掛けるのがこの部分です。C

腕ミシン上糸編H.jpg

こちらが更に詳しい写真。

2枚の銀色の皿のようなものが重なり合っていて、その間に糸をしっかりと食い込ませます。皿の手前には“渦巻バネ”が付いており、手前のネジを回すことによって“テンション”を調節する、という仕組みです。

しっかりと糸をかませたら、アームの上に糸を引っ掛け、その後“糸とりバネ”と呼ばれる部分に糸を掛けます。

その後は“天秤”(ペダルを踏むと上下に動くアーム)に糸を掛け・・、※スミマセン、写真上部で見切れています・・・。

腕ミシン上糸編I.jpg

最後に“針棒糸掛け”に通して、上糸のセッティングは終了となります。

最近のコンピューター等が内蔵されている家庭用ミシンは、
“ここに糸を置いて、ここに引っ掛けるだけで誰でもすぐに使えますっ!”

なんていうものが多い中、やはり工業用でしかも革用のミシンですので多少複雑ではありますが、数回で慣れると思います。
ただ、どうしても皆さん“縫う”ということに専念しすぎて、最も需要なセッティングを軽視している傾向があるので、ここで詳しく書かせていただきました。
※初心者の方は教室での練習後に、またある程度慣れた方でも他の作業でミシンの扱いがしばらくぶり、といった方も、教室以外の場所で復習がてらザッと読んでいただければ、と思います。

正直、ステッチが綺麗か綺麗ではないか、というのは、上手い人もそうでない人も殆ど差はないと思います。
それよりも、正しくセッティングできているかどうかが、大きな失敗を防ぐ最大の方法だと思いますので、是非ご参考にしていただければ幸いです。


posted by tomo at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄づくりの基本

2017年03月16日

鞄づくりの基本@〜革の裁断編

初心者の方に鞄を作っていただくために、教室では段階ごとに様々なご説明をし、実際にこちらでやって見せてから実践をしていただいてます。

覚えることも多いので、生徒さんにはノートをご用意いただきメモを取っていただいております。・・・が、自分も昔そうだったんですが、自分のノートなのに後から読み返してもイマイチ“???”なところが出てきたりします。

ということで、このブログで新たに“鞄づくりの基本”というカテゴリを設けてみました。

目的は、教室で初めて行う作業を後で見返してみたり、復習してみたり、といったところでしょうか・・。
“よしっ!復習するぞっ!!”と、大上段に構え、わざわざノートを手元に用意してやるというのは大変でしょうから、電車での移動中とか、チョット暇を持て余した時や気が向いた時なんかに、スマホで写真や動画と合わせて気軽に見ていただければ・・・、と思っております。

ということで、第一回目は、“革の裁断編”です。

革を裁断する際には、単なる直線であれば定規で、また曲線があればあらかじめ用意した型紙を革の表面(銀面ともいいます。)に乗せ、文鎮などを使ってしっかりと固定します。

革の裁断@.jpg

そして、銀ペン(文字通り銀色のインクのペンで消しゴムで消せるインクです。)でしっかりと型紙の形に添わせて線を書き込みます。
※タンニン革やスウェード素材等、銀ペンが消えにくい革では、目打ちなどを使って表面に跡を付けることもあります。

革の裁断A.jpg

銀ペンはボールペンですので、ご覧の通り比較的線が太いことが分かります。(幅約1o程)
なので後述しますが、裁断の際には“線の内側(本体側)”に刃先を添わせて切ることが重要です。

次に革切り包丁です。
持ち方はこんな感じで・・・。

革の裁断B.jpg

少し手前に傾けて切っていきます。
革切り包丁は、主なものは刃幅が24o〜36oありますが、実際に革を切っている部分は手前の刃先だけです。

革の裁断C.jpg

刃先がテーブル水平面に対して15度〜30度位が理想的ですね。

革の裁断D.jpg

また正面から見た場合・・・、

革の裁断E.jpg

こんな感じで外側(右利きの場合右側)にやはり少し傾けて切るのが良いですね。

革の裁断F.jpg

なぜなら刃先(切れ刃といいます)は図のように少し斜めになっていますので、革の断面が垂直になるようにカットするためには、切れ刃が垂直になった方がいいからですね。
※特にタンニン鞣しの革等、後でコバに磨きをかける場合は、断面が斜めになると綺麗に磨けないことがあるのでより注意が必要です。

革の裁断G.jpg

裁断後は、こんな感じで切り落とされた側に銀ペンの線が残っていることが重要です。※本体側に銀ペンの線が残っているということは、約1o大きいサイズになっているということです。

一つのパーツだけでしたら1〜2oというのは誤差の範疇ですが、これが4〜5枚と貼り合わされていくことを考えると、かなりサイズが変わってきてしまいますので、お気を付けください。


ということで、短いですが動画をアップしてみました。



カーブ(曲線)などは、包丁の向きを変えるというよりも、革を回転させるようにし、常に自分の身体の方に包丁を引き寄せながら切進めるのがコツといえばコツですね。

posted by tomo at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄づくりの基本