2013年03月15日

楽器ケース作り〜サンポーニャ編・其のA

さて、サンポーニャケースの続きです・・・。

胴とマチと玉ぶちの厚みが5mm厚と、若干不安を抱えつつもいよいよ縫製です・・。

サンポーニャケースL.jpg

片面はまあ、大丈夫ですよ・・。

これまでもこのくらいの厚みはやってきましたから・・・。

サンポーニャケースM.jpg

際から4mmくらいを、ほぼ平行に縫えてます。

サンポーニャケースN.jpg

問題は、もう片面です。

これだけモノが長いと、重みとかでなかなかキレイに縫えない・・・。


ということで、とても写真撮ってる場合ではないので・・・、

サンポーニャケースP.jpg

いきなり縫製後の写真です。

やっぱり先っぽのΦ80mmのカーブは多少苦戦を強いられましたが・・・。

縫った後ひっくり返してみました。

まあまあですかね・・。

サンポーニャケースQ.jpg

でもって、内縫いのはみ出た部分にテープで巻き込んで、更に縫製して、完成〜!!

22_1.jpg

22_2.jpg

22_3.jpg

写真にはありませんが、底面には2mm厚アルミの鉄板を、底面内側にはスポンジとボンテックスを縫込みフジタカの底鋲を打ち込んで固定してあります。

もちろん、胴にも内側にはスポンジ素材を入れてありますので、楽器保護の為の処置は施し済み。

チョットくらい高いところから落っことしても、大丈夫ですよ〜。


でもって、ご依頼主にお渡ししたところ、早速中身を入れた状態の写真が送られてきました。

サンポーニャ完成@.jpg

しっかり収まっているようですが・・・、

あ〜、やっぱりチョット大きかったかな・・・。

モノが入らない、というのが一番怖かったので、少し余裕をもたせた設計でしたが、やはり少し長すぎた感が否めません・・・。


サンポーニャ完成A.jpg

ただ、依頼主さま、

“他の楽器(ケーナ)も入る〜!”

と喜んで?頂いているようで・・・。

本来の機能以上のポテンシャルを発揮したようです・・。


posted by tomo at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63728944

この記事へのトラックバック