2017年09月20日

Aさん追っかけ記録A〜おまけ付きのショルダーが完成〜の巻

前々回ブログ、Aさんのショルダーバッグの続きです。

357_1.jpg

心材を貼った表胴と底・横マチの縫製のところまででした・・・・。

Aさん母ショルダーバッグG.jpg

今回は、写真のような“天マチ”といわれる、かばんの上面部にファスナーと一緒に付けられるマチを付ける、というのが特徴の鞄です。

Aさん母ショルダーバッグH.jpg

入れ口については、同革を薄く漉いたテープを巻き付けて縫い上げるパターン・・・。

その時に登場するのが、これまでも何度か登場してきた、“逆抑え”です。

Aさん母ショルダーバッグI.jpg

通常、工房に置いてある【TE-5】や【TE-6】のような右アームのミシンは、針孔の左側に“抑え”がくるのですが、写真のように針孔の右側に“抑え”が来ています。

これで、ストレスなく綺麗に縫えるというわけです。


Aさん母ショルダーバッグJ.jpg

なんとか無事に縫い上げることが出来ました。
このあと、内側のはみ出た薄革を“市切り”という道具で切り落として、綺麗に仕上げていきます。

357_2.jpg

ということで、かんせい〜!

357_4.jpg

型紙づくりから全てご自身おひとりで進めてきました。

357_7.jpg


357_6.jpg


357_8.jpg

こちらは、合間に進めていた、同素材で作った“杖入れ”用の巾着・・・。
嬉しいおまけですね。


357_9.jpg

お母さま、喜んでくれそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181050087

この記事へのトラックバック