2017年05月11日

夏場の“持ち手”作りは慎重に・・・。

かばん作り歴1年半、かれこれ10作程を完成させてきたKさん・・・。

Kさんボストン@.jpg

次は“ボストンバッグ”にチャレンジしたみたい、ということで・・、

KさんボストンE.jpg

イメージとしては、こんな感じで完成を目指しております。

KさんボストンA.jpg

イメージ写真よりは、もう少し高さを増して型紙を作り、自前のベージュの革で取り敢えず“マチ”と“胴”を裁断・・。

KさんボストンB.jpg

今回は“落とし”の構造ではなく、各パーツ毎に裏地を貼り付けてから縫い付けていくパターンです。
Kさん、まだまだ苦手意識があるというミシンで内縫い作業へ・・・。

KさんボストンC.jpg

片面(前胴)のみ縫い合わせたところ・・・。なかなかいい感じですよ・・。

KさんボストンD.jpg

“玉縁ち”もいい具合に縫いあがったようですね。

でもって、同様に“背胴”も縫い合わせ・・、

KさんボストンF.jpg

最後、持ち手の長さを決めているところ・・・。

“ハンド”にしては長すぎず、また“ショルダー”にしては短すぎず・・・・。
ということで、ビニール紐を使って絶妙な長さを決めていきます。

この時注意してほしいのは、夏場と冬場ではジャストの長さが変わってくるということ・・・。

よくありがちなのが、夏場の薄手の時(Tシャツ一枚等)に合わせて作ってしまうと、冬、コート類等厚手の衣類を身に着けている状態で肩に掛けようとするとかなり窮屈になってくることがあります。

なので、コート類を着た状態で肩に掛けてみて窮屈でない位の長さはキープしておいた方が良い、ということになります。

今回、この持ち手作りのタイミングはちょうど2月頃・・・、まさに厚手の上着が必需の時期だったので、コートを着た状態に合わせて作りましたが、夏場にこの作業を行うときには要注意ということですね。

KさんボストンG.jpg

理想の長さを決め、革を裁断し・・、

KさんボストンH.jpg

ガラ芯を中に入れて、

KさんボストンI.jpg

持ち手が綺麗にできました。

でもって、本体と縫い合わせて・・・、

343_3.jpg

完成〜!

343_4.jpg

ご自身で用意された内装が、なかなかいい感じです。

343_6.jpg

可愛らしい感じの“ミニボストン”・・・・。
オールマイティに活躍してくれそうですね。
posted by tomo at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179711931

この記事へのトラックバック