2017年03月21日

ダンディSさん追っかけ記録@(カメラケース編)〜革小物でも吊り込みはするんですっ!の巻

靴もカバンもおおよその作り方を理解してこられたダンディSさん・・・。

SさんカメラケースN.jpg

ハンドソーンウエルトの靴(ブーツ)を作って以来、すっかり“手縫い付い”てしまったSさんですが、今作も総手縫いにて・・・、

Sさんカメラケース@.jpg

こんな感じの“カメラケース”を作りたいというこで、今回ご登場いただきました。

以前、ご家族の方が使っていたというヌメ革の“残り革”を利用したい、ということで、経費削減です。

SさんカメラケースO.jpg

これをご自身で“いい感じ”に染めてみたいということで、染にも初挑戦です。

SさんカメラケースH.jpg

こちらが今回の型紙・・・。ちゃんとご自身のカメラを採寸してます。

で、Sさん、気になったのがレンズの出っ張り部分(上のサンプル写真・左側のふくらみ部分)・・・。どうしてもここの構造がイマイチよく分からないとのこと・・・。

実は、ここは以前やった靴づくりの技術が役に立つところ・・・。そう“吊り込み”をするんです。
靴の場合は、“木型”というものに革を添わせて、いわゆる“癖付け”をするわけですが、このパーツもその要領で仕上げていきます。

で、Sさんのカメラのレンズ部分を採寸をしてみると、なんとっ!・・、

SさんカメラケースA.jpg

これが、丁度“いい感じ”のサイズであることが判明〜。そう革の“コバ磨き”に使う木製ヘリ磨き・・。
ということで使っちゃいましょっ!

革を水で濡らして早速つり込み〜※生憎吊り込み状態の写真撮り忘れてしまいました・・・。

SさんカメラケースB.jpg

メンダコ.jpg

なんだか、“深海生物っぽい”感じに仕上がってきましたよ。

SさんカメラケースD.jpg

で、深海生物の触手?か足っぽいところを“ゼロ漉き”にして・・・、

SさんカメラケースC.jpg

パコッっと・・、

SさんカメラケースJ.jpg

こういうことですね。

SさんカメラケースI.jpg

でもって、裏を貼って・・・、

SさんカメラケースK.jpg

3oピッチの菱目貫きで穴を開け〜の・・・、

SさんカメラケースL.jpg

チクチクチクと・・・。

次回はカメラ本体の土台部分を仕上げていきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179163184

この記事へのトラックバック