2015年09月14日

鞄と靴を、行ったり来たり・・・。

先月、機械を使った“革漉き”に初挑戦したMさん・・・。

大分機械にも慣れてきて、今度は“玉縁ち”の練習を兼ねた小銭入れを作成中です。

Mさん小銭要れ@.jpg

“玉縁ち”(もしくは“パイピング”ともいいます。)とは内縫いの鞄でよく用いられる手法で、例えば胴とマチの間に革や心材などを入れて縫い上げることをいいます。
よく、“強度を上げる為”といわれますが、差ほどそういう意味合いは無く、まあ見た目がかなり変わるといった感じです。

カチッとした雰囲気にしたい場合は、有効ですね。

最初は0.8mm程に全漉きした革を2mm幅の“ポリ芯”といわれる芯材に巻いて作成します。
ただ、ポリ芯を入れると長期にわたって使用した場合、革がこすれて芯がはみ出る場合がありますので嫌う人もいますが、まあ最初ですから・・・。

慣れてきたら革のみの玉縁ちに挑戦してみてください。

Mさん小銭要れA.jpg

鮮やかなオレンジがなんだか美味しそう・・・。

Mさん、これで基礎カリキュラムを全て終了し、いよいよ次回型紙づくりへ突入です。


オレンジといえば、日曜クラスのSさんも、かわいいバッグを作成中・・。

Sさん子供用バッグ@.jpg

Sさん、“靴ブログ”のほうで、先月お友達へのゴルフシューズを完成させたばかりですが、(その様子はこちら⇒http://sakaiworks.sblo.jp/article/156899285.html
一ヶ月も経たないうちに、今度はお友達のお子さんへプレゼントする鞄を作ってしまいました。

Sさん子供用バッグA.jpg

タンニン革をふんだんに使った、お子様にはちと贅沢なカバンですな・・。

これは、“男の子用”で、もうひとつ“女の子用”も作成中だそう・・。

職人並みのペースで量産してますが、Sさん、ちゃんと本業のお仕事してますか?



でもって、もう2個目の鞄の目処が立ったようなので、

“今度は自分用のマウンテンブーツでも作ろうかな。”と・・・。

Sさん木型修正@.jpg

トウの部分はちょっと丸みを持たせたいとのことで、床革で自分好みのかたちを模索中・・。

Sさん木型修正A.jpg

鞄と靴を行ったり来たり・・・。

そういえば、最初に登場したMさんも、靴から鞄への移行組み・・。

2年位前に、こんなん作ってました・・・。

109_2.jpg

133_4.jpg

あれ、これって“鞄ブログ”たったよな・・?
posted by tomo at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163562242

この記事へのトラックバック