2018年03月13日

春らしい色合いで再度チャレンジのハンドバッグ

歴1年、昨年の暮れに黒のハンドバッグを完成させたTさん。

TMさんハンドバッグ@.jpg

次は色違いで、同じようなタイプのハンドバッグを・・・、より完成度を上げていきます。

TMさんハンドバッグA.jpg

前回とほぼ同じ厚みですが、少し堅めの革を選択・・・、シボも以前より細かめのタイプですね。

TMさんハンドバッグB.jpg

前作同様、かっちりとしたフォルムにするため、0.8oのボンテックスを心材として使うようです。
ただ、前回の経験を活かし、若干手順を替えて進めてみます。

なかなか研究熱心ですね。

TMさんハンドバッグC.jpg

形としては、分割の通し胴で、マチは“帯マチ”、そして入れ口は“天マチ”スタイル・・・。

更には“アオリ”と言って、開口部は2つ以上に分割されていて、本体の口はファスナーで開閉でき、それ以外の口はオープンにしてある構造です。

TMさんハンドバッグD.jpg

ヘリ返しやミシンステッチもかなり上手ですね〜! かばん歴1年とは思えぬクオリティです。


TMさんハンドバッグE.jpg

最後に“帯マチ”周りを縫い付けて・・・、

391_thumb.jpg


完成〜!

391_1.jpg

春らしい色合いのハンドバッグが仕上がりました。

391_3.jpg

※スミマセン、出来はいいのに、写真がブレブレで・・・。

391_5.jpg

因みにこちらが前作・・、季節や洋服に合わせて使い分けできそうですね。

377_1.jpg
posted by tomo at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房