2017年11月03日

オサレな“大人リュック”が完成〜!

今朝の“とくダネ!”情報ですが、日経トレンディの今年のヒット商品に、“anello”のリュックがランクインしたと・・・。
なにやら子育てママさんを中心とした女性からの評価が高かったとのこと。

そんな中、当工房でもリュック作りを進めているのがKさん・・。

KさんリュックH.jpg

これまで、トートバッグ、ボストンバッグ等を順調に作成してきましたが・・・、

KさんリュックN.jpg

こんな感じの、お洒落な“大人リュック”の完成を目指します。

KさんリュックP.jpg

なるほど・・・、確かにオサレですなぁ・・・。

前胴&背胴&マチといった一般的な形状ではなく、前胴とマチが一体化したようなちょっとした変則スタイルですね・・・。
なんだかイマイチ完成形のシルエットが見えてこなかったので、取り敢えず縮小版で試作を作ってみることに・・・。

KさんリュックB.jpg

なるほど、なるほど・・・、

KさんリュックA.jpg

何となくわかりました・・・。

ということで、早速本番の型紙を作成・・・、

Kさんリュック@.jpg

でかっ!!
これなら“anello”に負けない位、いっぱい入りますね〜!

KさんリュックC.jpg

これは何をしているかというと・・・、

KさんリュックD.jpg

革の縫い代部分を“粗し”ています。
こういった内縫い構造のバッグは、革の表(銀)面同士を糊で貼り合わせてミシンに掛ける為、とうしても糊がはがれやすくなります。
ミシン縫いの最中に剥がれるととても厄介なので、革の表面に傷をつけることで剥離を防ぐ大事な下処理のひとつですね。

KさんリュックE.jpg

こちら、背胴側がほぼ出来ました。

KさんリュックF.jpg

続いて、本体ファスナーをミシンで縫い合わせてます。

KさんリュックG.jpg

こちらは、側面に付けるファスナーのようですね。


KさんリュックI.jpg

リュックを背負ったままで、脇のファスナーからも出し入れができるような構造にするようですね。

KさんリュックJ.jpg

ファスナー口がへたらないよう、裏面にも革の額縁を付けます。

KさんリュックK.jpg

ショルダーのテープを縫い・・・、

KさんリュックM.jpg

サルカワ&コカンも貼り合わせ・・・、

KさんリュックL.jpg

最後にグルリを内縫いして・・・、

370_1.jpg

完成〜!

370_3.jpg

こちらは背中側・・・。

370_4.jpg

側面からみるとこんな感じ・・・、そうそう昔の給食でよく出てきた“三角牛乳”のような形・・・。

て、古っ!!

多分40台以上じゃないと分からないだろ〜な〜・・。

370_6.jpg

とってもオサレに仕上がりましたよっ!
posted by tomo at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房