2017年10月09日

読書の秋?スポーツの秋?

靴とカバンを行ったり来たりのKさん・・・、久々ご登場です。

Kさん自転車用バッグD.jpg

工房の棚からいろんな革を引っ張り出してきてお悩み中のご様子・・・。

Kさん自転車用バッグE.jpg

これだけではモノ足りなかったようで・・・、

Kさん自転車用バッグF.jpg

過去10年程工房で使ってきた革で、ごみ箱に捨ててしまうにはちょっとモッタイナイかな・・・、という中途半端な切れ端をストックしてあるんですが、その袋もひっくり返して、更に物色中・・・。


お勤め先が図書館ということで、どうも“読書の秋だよっ!キャンペーン”っ的な出し物として、色々と展示するものを革で作ろうとしているようです。

Kさん自転車用バッグH.jpg

こちらは文庫本のブックカバーかな?

Kさん自転車用バッグG.jpg

ハハッ!かわいい〜・・。


“読書の秋”編の革をサクッと裁断後、さっさとかばんへ仕舞ってしまい(どうもお家で仕上げるようです・・・。)、次は一転、“スポーツの秋”モードへ・・・。

Kさん、基本的に工房へは自転車で来られるのですが、その距離10q以上・・・。
かなり筋金入りのサイクリストっす!!

Kさん自転車用バッグ@.jpg

ということで、次はご自身で用意された革を使ってサイクルバッグを作るようです。

ちょい薄めのベジタブルタンニンレザー・・・。

Kさん自転車用バッグB.jpg

ミシンは使わず、総手縫いにするのに“平目打ち”か“菱目打ち”、どちらにしようかお悩み中・・・。

Kさん自転車用バッグA.jpg

今回は“平目打ち”でいくようですね・・・。

Kさん自転車用バッグC.jpg

蓋(カブセ)を型紙でとり、金具の位置を確認中・・・。

Kさん自転車用バッグI.jpg

因みにこちらはご自宅で手縫いで仕上げたトートバッグのようです。
Kさん、ほんっと手縫い好きだな〜!

Kさん自転車用バッグJ.jpg

今回、蓋を留める金具は“ギボシ”を使うようですね・・。
確かに、簡単に開け閉めできることを考えるといい選択です。

次に自転車のハンドル部分に装着できるように、革のテープを裁断し、何で固定するかを色々と悩んだ末、ここは金具(Dカンやコカン等)は避け、“ベルクロ”(マジックテープですね)仕様にして、やはり簡単に着脱できる方法を選択っ!

しかし、ここで思わぬ落とし穴がっ!!

そう、ベルクロは手縫いではなくミシンなんですっ!
まあ手縫いでもできなくはないですが・・・。

Kさん自転車用バッグK.jpg

ということで、あれだけ避けてきたミシンを渋々使うことに・・・。

約一年ぶりだそうな・・・。

365_3.jpg

ということで、完成〜!

365_1.jpg

早速、愛車に装着っ!
(スミマセン、夜クラス終わりなので、真っ暗な中の撮影です。)

これからのサイクリングにも最高の季節に間に合いました。

365_2.jpg

ということで、Kさんにとっては読書とスポーツ、プラス“ミシンの秋”ということで・・・。
posted by tomo at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房