2017年08月19日

Tさん追っかけ記録A(長財布・束入れ編)〜小技満載の長財布が完成っ!の巻

前回のブログ、Tさんの長財布の続きです。

今回は“磨き”ではなく、“ヘリ返し”で進めるということで以前ご紹介しました。

ヘリ返しにも2通りあって、返された裏面が裏地に覆われて完全に隠れてしまうパターンと、裏地を巻き込むことでヘリ返された裏面が見えてしまうパターンとがあります。

一般的なカバンや靴ではほとんどが前者のパターンなのですが、お財布等の小物ではあまり厚みを出せないので、後者で進めたものも多く見受けられます。

後者の場合は見た目も重要になってくるため、少し技術的に難しいのですが、この技法を一般的に“菊寄せ”といいます。

で、今回は難しい方の後者、“菊寄せ”に挑戦することになっております。

Tさん長財布I.jpg

いきなり本番、というには少し難しい技なので、まずは練習です。

Tさん長財布J.jpg

財布に見立てた革と心材をいくつか用意し、本番さながら猛練習・・・・。

菊寄せには、本来“刻み捻”という専用の道具があるのですが、切れなくなった包丁でも代用可能です。

Tさん長財布K.jpg

おっ!四隅 × 2枚 つまり8回ほどの練習ですが、いい感じに仕上がってきましたね〜。

今回は、この“菊寄せ”といい、風琴マチの一種・“渡りマチ”といい、小技満載の長財布になりそうです。

Tさん長財布L.jpg

ということで、早速本番へ・・・。

Tさん長財布M.jpg

最後にグルリを縫い上げて・・・、

Tさん長財布N.jpg

完成〜!

356_7.jpg

356_5.jpg

こちら、初チャレンジの“渡りマチ”・・・。

356_4.jpg

菊寄せも、初めての割には上手に出来たのではないでしょうか。

356_8.jpg

お父さん、喜んでくれるといいですねっ!