2017年07月07日

Mさん追っかけ記録A(ショルダーバッグ編)〜やはり手縫いは性に合ってるのかも・・の巻

先月ご登場いただいたMさんショルダーバッグ編の第二弾・・。
※因みに追っかけ記録@はこちら⇒http://sakaiworks-bag.sblo.jp/archives/20170607-1.html

今回は一切ミシンを使わず、総手縫いにて仕上げることにしたMさん・・・。

Mさん手縫いショルダーB.jpg

前回は前胴の外付けポケットの“カブセ”を縫い付けたところまででした・・。

Mさん手縫いショルダーL.jpg

今回のショルダーは、この外付けポッケに本体のカブセの錠前が付きますので、位置をしっかり確認して取り付けます。

Mさん手縫いショルダーM.jpg

今回の錠前は“割ピン”式で、写真のように座金に固定していきます。

で、このままでは金具が丸見え状態になってしまうので・・・、

Mさん手縫いショルダーN.jpg

この様に薄く漉いた革を糊で留めておきます。
見た目の問題はもちろんですが、このままですと座金や割ピンの足が反対側の革にダイレクトに当たり、革に傷がついてしまうのでそれを防ぐ目的も兼ねています。

Mさん手縫いショルダーO.jpg

その後、本体カブセの方にも金具を取り付け・・・、

Mさん手縫いショルダーP.jpg

ようやく本体部分が完成しました。

そして、最後に肩紐、尾錠、ナスカンなどを作成し・・・、

347_2.jpg

完成〜!

347_4.jpg


347_8.jpg

まだ、ヌメ革の本来の色のままですが、これからいい感じに育ててください。

Mさん手縫いショルダーQ.jpg

ということで、次の教室から早速ご活用・・・。

Mさん、鞄作りは2年近く続けてきたので、次作はまた靴作りへと戻るそう・・・。

ずっと、チクチク・・チクチク・・と手縫いを続けてきたので、そろそろ飽きてきたのかと思いきや、
今度は“マイ木型”を購入し、ハンドソーンウエルト製法に挑戦・・・。

また“手縫い地獄”?が待ってますよっ。