2016年12月01日

Aさん追っかけ記録A(ハンドバッグ編)〜ミシンは極めました〜の巻

前回から引き続き、Aさん追っかけ記録です。
309_1.jpg

いよいよ胴とマチの内縫いミシン掛け・・・。
いつもはクラッチモーターのte-5を使うAさんですが、今回はより慎重に・・・、ということで、足踏みのte-6にて一目一目丁寧に縫い進めていきます。

AさんハンドバッグJ.jpg

お〜、綺麗に縫えました〜。

AさんハンドバッグK.jpg

玉縁ちも綺麗に仕上がりましたね。

AさんハンドバッグL.jpg

次は、底マチに穴を開けて・・・、

AさんハンドバッグM.jpg

ゴールドの底鋲を5つ・・・。

AさんハンドバッグN.jpg

内装はお家で既に仕上げてきていたようで、後は本体と縫い付けるだけのようです。
今回は“見付け”にファスナーマチを縫い付けたパターンで、初めてチャレンジする形ですが、しっかり構造が頭に入っているようで、サクッと仕上げてきました。さすがAさん・・・。

AさんハンドバッグO.jpg

外側と内側、更には入れ口のバイアス革を巻き付けて、最後のミシン縫いへ・・。

入れ口のバイアスについては、以前もご紹介しましたが、通常の“送り”と“抑え”では綺麗に縫えないので、いわゆる“逆抑え”を付け直しての縫いとなり、これも今回初めてのチャレンジ・・・。

AさんハンドバッグP.jpg

しかし、既にミシンを極めた感のあるAさんにとっては、関係ないっ!
サラッと縫い上げていきます。

309_thumb.jpg

でもって完成〜!

309_4.jpg

309_5.jpg

持ち手もしっかり“張り”が出ていい感じです。

309_6.jpg

内装もバッチリ・・。

309_7.jpg

両開きのファスナーで仕上げてみました。

309_10.jpg

最後のバイアスのミシンステッチも、ピッチのムラも少なく綺麗に仕上がってます。

309_11.jpg

なかなか完成度の高いバッグに仕上がりました。
Aさん、おめでとうございます!