2012年11月20日

ブリーフケース(書類鞄)完成

コツコツと少しずつ進めてきたブリーフケースもいよいよ大詰めに・・・。


前回は、横マチと底マチの革のセンターを漉いて、心材を挟み込めるようにしたところまででした。


その革で、中の心材を挟み込み、しっかりとクリップで固定し・・・、

鞄作り(ブリーフケース)H.jpg

サイドと底をミシンで縫っていきます。

いくら漉いてあるとはいえ、ヌバック革x2枚、内貼りのラミーx2枚に、厚み0.8mmのボンテックスで、トータルの厚みは4.5mm〜5mm程・・・。

この辺りからは、力技になってきますね・・。

ひと針、ひと針、慎重に・・・。

・・・日々精進です・・・。

鞄作り(ブリーフケース)I.jpg

なんとかキレイに縫えました。


今度は前胴とマチを同様に縫っていきます。

こちらは更に心材が2枚になる部分がありますので、更に厚みは増し、5.5mm〜6mm程。

当然、一度では縫えないので、前胴の方に先に空縫いを掛けておき、予め針穴を開けておいてからこちらも慎重に・・・。

鞄作り(ブリーフケース)J.jpg

次は背胴を仕上げていきますが、持ち手部分に張りを持たせる為、こちらは厚み1.0mm程のアルミの芯を入れていきます。

金具に持ち手を固定し・・・、

鞄作り(ブリーフケース)K.jpg

因みに裏側はこんな風になってます。


鞄作り(ブリーフケース)L.jpg

アルミとはいえ、金具むき出しにしておくと、革と擦れあって穴が開いたりしますので、念の為、薄い床革などで金具を巻き込んでおくと良いでしょう。


で、カブセの部分に裏を貼っていきます。


空けた時ちょっと対照的な色合いということで、今回はアメ豚を使用・・・。


鞄作り(ブリーフケース)M.jpg


これで、前胴と背胴が仕上がりましたので、いよいよこの二つを縫い合わせます。

まあ、大変さは言わずもがな・・、です。

鞄作り(ブリーフケース)O.jpg

正直、“写真なんか撮ってる場合じゃ無いよっ!”

って場面ですが・・・、

鞄作り(ブリーフケース)N.jpg

右手にカメラ、左手と左膝と胸で鞄を固定し、プルプル震えながら採ったので、チョットぶれてるかも知れませんが・・・、まあ何とか撮影できました。


20_1.jpg

完成〜!

今度は、この革のコンビネーションでローファーでも作ろうかな〜。
posted by tomo at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り