2012年05月22日

ショルダーバッグ作成〜其の一

続いてはショルダーバッグ作りです。

これまで作ってきたボディ・ショルダー・トートバッグは、いずれも“四角い”シルエットだったので、今回は丸い感じにしようかと・・・。

で、型紙はこんな感じにしてみました。

中心線に対して、非対称的なところが今回のポイント。

鞄作り(ショルダーA)@.jpg

前回同様、色はコンビで今回はキャメル&ブラック。

キャメル部分はやはりリスシオの【ボーネ】を使用。(※因みにボーネとは“骨”という意味で、まあ骨っぽい色ということなんでしょうけど、オリジナルの色は、どちらかというと薄〜いベージュでヌメっぽい色。)

今回は光沢を出す為、予めハイシャイン仕様にし、よりキャメルっぽい感じにしてあります。

黒い部分はボックスカーフを・・・。

今回も贅沢使用です。やはりこの素材であれば、軽く5万は超えるでしょう。

で、デザインはなんとなく太極図っぽい感じで・・。


まあ、深い意味は無いんですが・・・。

直線カットに飽きてきたかな、と・・・。


鞄作り(ショルダーA)A.jpg

まずカットした面をヤスリで均して・、

鞄作り(ショルダーA)B.jpg

内縫いの接着面となる銀面を包丁で荒らして・・・。

鞄作り(ショルダーA)C.jpg

地味な作業ですが、これは後々後悔しない為の欠かせない重要な作業です。

鞄作り(ショルダーA)D.jpg

で各パーツを貼り合せ&ミシン縫いです。


最近は、2枚の革を重ねて縫うのではなく、こんな感じで1mm程あけて縫うのがマイブーム・・。

鞄作り(ショルダーA)E.jpg

ステッチも2本だし手間もかかりますが、この表情が好きです。

で、ファスナーも同じ革で・・・。

鞄作り(ショルダーA)F.jpg

右肩掛けにした時、外側に向く方に外ポケットを作ってみました。

鞄作り(ショルダーA)G.jpg

2〜3mm外面を大きくして、ポッコリ感をだします。

鞄作り(ショルダーA)H.jpg

これで胴部分の完成です。


ただ、このまま前後2枚を縫い合わせてしまうとペタンコになって、大きさの割りに収納の悪い鞄になってしまうので、底部のみマチをつける。


鞄作り(ショルダーA)I.jpg

今回は舟形の底マチ・・。

鞄作り(ショルダーA)L.jpg

これで収納もバッチリ、

鞄作り(ショルダーA)J.jpg

鞄作り(ショルダーA)K.jpg

且つ自立するようになりました。



あとは内袋と、肩紐作成ですが、今日はここまで・・。

posted by tomo at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り