2018年10月17日

オーダー用ボディバッグ試作

10年程使ってきたボディバッグに少し飽きてきたので、オーダーメイド用のモノを試作がてらひとつ作ってみることに・・。

ボディバッグ(濃茶)@.gif

こちらが型紙・・・。
前胴にタックを入れてみたり、マチの前側と後ろ側の長さを替えることにより、マチ上部が“斜め”になるような感じで・・・。

一般的なボディバッグにありがちな、単純な“直方体”ではなく、多角的立体とでも言いますか・・・。

因みに革は、靴とのコンビネーションということで、これまでも度々登場してきた“ディナオイル絞り”の濃茶を使ってみました。

ボディバッグ(濃茶)A.gif

こちらがマチです。
直線ではなく少しカーブさせることにより、マチ上部に傾斜を付ける感じですね。

ボディバッグ(濃茶)B.gif

マチに裏地を付け(今回はミンクスウェードのベージュを使用)、右側が前胴になります。

ボディバッグ(濃茶)C.gif

裏地の色が、マチと胴で違って見えますが同じ素材です。
光の加減で様々な色味になるのが、こちらのミンクスウェードの特徴ですが、糊などが付くと汚れが目立つので注意が必要ですね。

ボディバッグ(濃茶)D.gif

ということで、胴とマチを縫い上げていきます。

ボディバッグ(濃茶)E.gif

今回、前胴は内縫いになるので“玉縁ち”仕様で縫ってみることに・・・。

今回の革は、かなり厚みにムラがあり“漉き”をどうするか悩みましたが、セオリー通り、幅10o・1.0o厚の段漉をしました。
が、最後の内側バイアス縫いで少し苦戦しました。

本作では0.8o厚にした方が良さそうですね・・・。

ボディバッグ(濃茶)F.gif

この後は、背胴を貼合わせます。

たまたま今、0.4oと0.8oのボンテックスしか無かったので、0.6oのナンポウを心材として使ってみましたが、少し柔らかすぎたかもしれません。

こちらも本作では0.6oのボンテックスを使う方が、ハリもでて良さそうな感じです。

ボディバッグ(濃茶)G.gif

ボディバッグ(濃茶)H.gif


一気に仕上げようかと思いましたが、ベルトに合う“コキカン”を切らしてしまっていた為、完成は次回に持ち越しとなります。
posted by tomo at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2018年10月02日

調子に乗って動画を投稿してみた。

靴を3足作り、次はかばん作りへの挑戦を始めたTIさん・・。

今回型紙はこちらで作成せず、ご自身で入手してきた“教本”の型紙を基に作成していくようです。

靴を3足作り終え、今度はバックを作り始めたTIさん。久々のミシンは少し緊張ぎみですが... 。
なんとかキレイに縫えましたね。
#革#革バッグ #鞄#鞄作り #鞄づくり #鞄教室 #鞄工房 #バック作り教室 #バック#ミシン #革用ミシン #バック作り #レザー #レザーバッグ #習い事#教室 #池袋


革は勿論、バッグに取り付けるバネホックやマグネット、更にはカン類などもご自身で全て揃えてこられました。

なにやら工房に来られる途中で、バッグ資材のメッカ“浅草橋”を通るようで、気軽に材料入手が可能なよう・・・、羨ましい限りです。

革の裁断がひと通り終わり、今日の作業は縫製・・・・、久しぶりの“ミシン”使いです。

心なしかちょっと緊張気味・・・。

ということで、初の動画投稿です。
※下の写真をクリックすると、インスタ画面になり再生できる・・・、はずです。

先ほどのTI さんの続き... 。
初の動画アップで失敗した... 。
#革#革バッグ #バック#バック作り #バック作り教室 #バック教室#鞄 #鞄作り #鞄づくり #鞄教室 #鞄工房 #鞄作り教室 #習い事#革用のミシン #池袋


と、こんな感じで、運針そのものはかなりゆっくりですので、かばんや靴作りに興味のある方、是非トライしてみてはいかがでしょうか。
posted by tomo at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年09月16日

IAさん、ラストのトートバッグ。

かばん作り歴2年半のIAさん。

以前作ったブルーのトートバッグが好評だったようで、色違いでもう一つ作成中・・・。

IAさんトートバッグ@.jpg

こちらは、ガラ芯を入れた持ち手を作っているところ・・・。

IAさんトートバッグB.jpg

ピンクの革はご自身で購入されてきたものです。

IAさんトートバッグC.jpg

背胴側にのみ、ファスナーポケットを付けるみたいですね。

IAさんトートバッグD.jpg

IAさんトートバッグA.jpg

内袋のポケットは3つ程付ける予定で、そのうちのひとつにもファスナーを付けるようで、こちらはその額縁に当たるパーツです。

IAさんトートバッグF.jpg

持ち手の位置を調整中・・・。
どうやら、背胴のファスナーの位置が高すぎたようで、根革の位置を苦慮しているみたいですね・・・。

最初に型紙上ですべての位置関係を確定しておくと、こういったことはないのですが、背胴のファスナーは後付けで決めてしまったよう・・・。

やはり、最初の型紙でしっかりと全ての位置を確定しておくことが重要です。

IAさんトートバッグE.jpg

なんとか構造上、また見た目的にも問題の無い位置を決め・・・、

414_2.jpg

入れ口を縫い合わせて・・・、

414_1.jpg

完成〜!

414_4.jpg

今作で14作目となるIAさん・・・、ご自身は勿論、旦那様やご家族に数多くのバッグや革小物を作ってこられましたが、数週間後に控えたご出産に備え、取り敢えず今作でご卒業となります。

子育てがひと段落したら、またお待ちしておりま〜す。
posted by tomo at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年09月05日

製作途中のバッグたち・・。

ブログ更新が滞っていたので、まだ完成前ですが、製作途中のバッグ・革小物をいくつかご紹介・・。

AEさんショルダーバッグ@.jpg

ベテランAさん・・・、こちらは持ち手??
まだ全体像が見えませんが、着々と進行中のようです。

YIさんトートバッグ@.jpg

こちらはYさんのトートバッグ・・。

NMさん財布A.jpg

こちらはNさん、お財布のようですね・・。
ラウンド式ファスナーは、この貼り合わせが難しく、一番のヤマ場です。

IAさんトートバッグF.jpg

Iさんのトート・・・。
設計段階からかなりデザインが変わってしまい、持ち手の位置を苦慮されているようです。

KYさん口金リュックF.jpg

こちらはKさん、昨年流行ったアネロのような口金式のリュックの完成を目指しております。

皆さん、頑張れ〜!
posted by tomo at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年07月27日

オイル絞りの革でスマホケースを作ってみた。

これまでも靴やバッグで時々使用してきた“ディナオイル絞り”という革・・。

多脂ヌメを一枚一枚手絞り加工している、独特な表情のタンニンレザーですが、

ディナオイル絞り6色.jpg

この度6色全て揃えてみました。

左から、黒、ダークブラウン、ネイビー、ワインレッド、ライトブラウン、ブラウン・・。



スマホケース(赤茶)@.jpg


ということで、先日新しくスマホを入手したので、早速スマホケースを作ってみることに・・・。

スマホケース(赤茶)A.jpg

ミシンにしようか迷ったのですが、今回は手縫い仕様で・・・。

スマホケース(赤茶)B.jpg

チクチク、チクチク、チクチクチク・・・・と、

スマホケース(赤茶)C.jpg

左側にはカードポケットを・・・、

スマホケース(赤茶)D.jpg

最後にグルリを縫い付けて・・・、

スマホケース(赤茶)E.jpg

完成〜!

42_1.jpg

これまでブログ等では400万画素のデジカメで撮ってきたものを使ってきましたが、流石1600万画素・・。
是非写真をクリックしてみて下さい。
もうこれまでみたいにボケボケではありませんので・・・。

42_2.jpg

いい感じです。

42_3.jpg

靴も含め、暫くはこの革が活躍しそうです。
posted by tomo at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り

2018年07月25日

基礎カリキュラム終わりでウエストポーチ

カバン歴半年のYさん・・。

YIさんウエストポーチ@.jpg

これまで基礎カリキュラムで、小銭入れやペンケース等8点程の革小物を作成してきました。

当教室では、基礎カリキュラムが終わった方からご自身で好きなものを作成していただいておりますが、Yさんが最初に選んだのはいわゆる“ウエストポーチ”。

YIさんウエストポーチA.jpg

左上のものがご自身で今使われているもので、これと同じモノを革を使って作成していくようです。

型紙は全部で4つ・・・。

まあ、最初に作るものとしてはいいチョイスですね。

YIさんウエストポーチB.jpg

なにやらいっぱい書き込んであります。

手順としては、まず“胴”の形を任意で決め、その後その胴の形を基にマチの長さを算出して型紙を作ってきます。
細かな数値は、その数値を求める為の計算ですね・・・。

計算といっても、足し算・引き算等のいわゆる“四則計算”と、円周を出すための“2πアール”(2x3.14x半径)の公式くらいしか使いませんので、コツさえつかんでしまえば誰でもすぐ型紙作りはできると思います。

YIさんウエストポーチC.jpg

その型紙を使って切り出された革。

これらの革を、機械で漉いたり、ミシンで縫ったりしながら組み立てていくわけです。

YIさんウエストポーチD.jpg

裏地はオレンジの綿生地を使って・・・、

398_4.jpg

完成〜!

398_2.jpg

Yさん、次はトートバッグに挑戦です。
posted by tomo at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年07月06日

余った革で2つ折り財布

ご自身で購入された革で、先日ノルウィージャンウエルト製法のブーツを作成したAさん。

ATさんショルダーバッグ@.jpg

その前には、同じ革でショルダーバッグを作成しておりましたが・・・、
まだ少し革が余っているということで、今度はお財布を作ってみることに・・・。

ATさん2つ折り財布A.jpg

こちらが、これまでAさんが長年使用してきたお財布。

もう大分くたびれてきたので、思い切って分解し、同じ仕様で作成してみることに・・・。


ATさん2つ折り財布B.jpg

フムフム・・・・、
際には心材として厚紙が入ってますね・・・。


ATさん2つ折り財布@.jpg

なるほど、なるほど・・・・。

胴の厚みは約1.2o程でしょうか・・・・。
また小銭入れの蛇腹マチについては、0.3〜0.4o位ということで・・・、まあそんなところでしょうね・・。

2つ折りで小銭入れも加えると、どうしても全体の厚みが増しますので、やはりこれくらいの薄さにしないとスッキリした感じには仕上がりませんから・・。

内装もオリジナル同様、シャンタンを使って仕上げていく方向で、決定です。




ATさん2つ折り財布C.jpg

ということで、いきなり最終仕上げ迄来ちゃいました・・・。
同じような色合いなので、上3枚の写真と変わりない様に見えますが、新たに作ったものです。

ATさん2つ折り財布D.jpg

初めての“菊寄せ”にも挑戦し・・・、

407_1.jpg

サクッと完成〜!

407_3.jpg


Aさん、まだ微妙に革が残ったみたいで、今度は『通帳入れ』を作るみたい・・・。

平野レミ氏ばりに、“無駄なく”、“手際よく”、材料を使い切ります。
posted by tomo at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年05月21日

スマホケース・ザ・サード

先週の『半分、青い。』

事務所をクビになり自棄になって、東京の記念にと『マハジャロ』でお立ち台に立つ鈴愛・・・。

マハジャロ.jpg

先週一番ウケた・・・。

毎年、今くらいの時期になるとどうしても『朝ドラ』ネタが増えてしまっているような気がする今日この頃・・・。



“毎年、今くらいの時期”というフレーズで気が付いたのですが、ベテランAさんも、毎年この時期になると、なぜかスマホケースを新調しております。

AEさんスマホケース@.jpg

今回で3作目です。
※因みに一作目はこちら⇒http://sakaiworks-bag.sblo.jp/archives/20160610-1.html
でもって二作目がこちら⇒http://sakaiworks-bag.sblo.jp/archives/20170614-1.html

AEさんスマホケースA.jpg

革・心材等の素材や、機能性、使い易さ等々・・・、毎年少しずつレベルアップさせるあたりは、もうプロのレベルですな・・。

401_1.jpg

401_2.jpg

401_3.jpg
posted by tomo at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年05月01日

花粉症対策で大量生産

今年は例年になく花粉の飛散量が多いようで、花粉症の方々は皆さん大変な思いをされたようです。

スギ・ヒノキのピークは過ぎたようですが、まだまだ辛い思いをされている方もいらっしゃるとか・・。
ということで、木曜クラスのKさんもティッシュ入れ付きのポーチを作成することに・・・。

KYさんポーチ@.jpg


上の写真・左は、100円ショップで買ってきたという合皮のもので、右はそれを基に作成した型紙のようです。

KYさんポーチA.jpg

革は、以前購入して多少余ってしまったというクロコの型押しですね・・・。

KYさんポーチB.jpg

裏地もご自身でご用意されたものを使います。

KYさんポーチC.jpg

サクッと完成させたと思ったら、いつの間にか2つ目が・・・。

397_1.jpg

と、あっという間に5つも・・・。

397_4.jpg

どうも周りに花粉症の方が多いようで、これからお配りするそうな・・。

397_3.jpg
posted by tomo at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室・工房

2018年03月29日

スフマート染色で小銭入れ

先月は、グレー(単色)と紺色(+空色)でラウンドファスナーを手染めしましたが・・・、

これまでは靴も含め刷毛を使って染めましたが、今回は指と布を使った方法で小銭入れを作ってみることに。

革染め小銭入れ4種@.jpg

まずは黄色+茶色・・・。

最初は黄色を段階を経て入れていき、次第に茶を混ぜながら色を重ねていきます。

この様な染色方法を単に“ぼかし”とか“スフマート染色”といい、古くはダ・ヴィンチのモナリザなどにも使われていた絵画の技法のひとつです。

革染め小銭入れ4種A.jpg

もう片方は、黄土色+牡丹の合わせ技・・・。

革染め小銭入れ4種B.jpg

こちらは、マチ部分ですね・・・。

一番手前のモノは空色の単色ですが、やはり“ぼかし”をいれてます。

革染め小銭入れ4種C.jpg

こんな感じで組み立てて・・・、

本来はミシンで一気に縫い上げる予定でしたが、茶系のモノはアルコール染料を使った影響か、革がやや堅くなっておりミシンで縫いにくくなってしまったので、

革染め小銭入れ4種D.jpg

最後の胴回りのみ手縫いをしていくことに・・・。

革染め小銭入れ4種E.jpg

チクチクチク・・・。

革染め小銭入れ4種F.jpg

こちらは、紫+黒を入れてます。

以前靴を染める際、グレー+黒で失敗し、結果真っ黒にしてしまったので、今回は慎重に・・・。

しかし慎重すぎて、結果あまり黒が反映されておりませんが・・・。

革染め小銭入れ4種G.jpg

イメージとしては、全体的にもっと明暗をはっきりと出したかったのですが・・・。

前回のラウンドファスナーに関しては、色が入りすぎてしまいましたが、今回は逆に少し弱かったようです。

ただ、大分感じがつかめてきたので、次回は理想的な色が出せそうな予感・・・。

41_3.jpg

こちらは“黄”+“茶”(アルコール染料)。

41_4.jpg

こちらは“黄土”+“牡丹”(水溶性染料)・・・。ギブソンのレスポールをイメージしてみました。


41_8.jpg

こちらは“空”(水溶性)単色・・・。
前回、これに“紺”を入れて濃くなり過ぎたので今回は単色で染めてみましたが、やや深みが足りないですね・・・。

41_7.jpg

右の“紫”は後半“黒”を入れているのですが、ちょっとビビってしまったのか、メリハリが弱いかな・・・。

いずれにしても、前回・今回でかなり要領は掴めてきましたので、次回更に理想に近づけていこうと思います。

41_9.jpg
posted by tomo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鞄・小物作り